イベント

第2回福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2018」クロージングイベント

第2回福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2018」クロージングイベント

2019年3月10日(日)13:00-15:00

第2回福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2018」
クロージングイベント

2019年3月10日(日)
13:00-14:00 きになる座談会イベント
 
作者ご本人や、そのご家族、支援者の方をお招きし、作品のエピソードや、普段の制作についてのお話から、障がいのある方の表現について一緒に考えます。
 
14:00-15:00 表彰式
(※県知事賞、きになる⇆ひょうげん賞、審査員賞の表彰式となります)
 

会場:はじまりの美術館(福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)

参加費:無料
 
※きになる座談会イベントは事前申し込み優先・当日受付あり
※イベント参加ご希望の方は
電話 / FAX(0242-62-3454)または
メール(otoiawase@hajimari-ac.com)にてお申し込み下さい。
  
メールの場合は以下の項目をご記入ください
1、お名前(よみがな)
2、メールアドレス
3、携帯電話番号(当日連絡先)
4、参加される方の人数(付添の方の人数)
 (お子様が参加される際は、年齢をご記入ください。)
 
※申し込み多数の場合、締め切らせていただく場合があります。
※申し込み時にご記入いただいた個人情報はイベント実施のために使用し、それ以外の目的で使用することはありません。
 



 
このたび、第2回福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2018」を開催いたします。

初開催となった昨年は、300名を超える応募がありました。「きになる」ということを基準にすることで、応募作品も審査もユニークなものになったのではと感じました。

「きになる」と「ひょうげん」のあいだにある「⇆」は、作る人、支える人、見つける人など、さまざまな関係性を表しています。この作品展に来ていただいた皆さまにも、「どうしてこの表現が生まれたんだろう」「作者は何が気になったんだろう」「芸術のことはよく分からないけど、なんだか気になる」など、気になる作品を見つけていただければ幸いです。

そして本展を通して、作者のことや作品の生まれた経緯を想像することが、「障がい」について考え、理解や考えを深める場になることを願います。 
 



お問い合わせ:
社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館
住 所 :〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873
TEL/FAX:0242-62-3454(10:00-18:00 ※火曜休館)  
E - mail :otoiawase@hajimari-ac.com

主催:
福島県(委託先:社会福祉法人安積愛育園 )
 
http://kininaru-hyogen.info/