イベント

第2回福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2018」審査員トークイベント

第2回福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2018」審査員トークイベント

2019年2月10日(日) 14:00–16:00

このイベントは終了しました


会場:はじまりの美術館
  (〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)
 
審査員3名の方々に今回の応募作品のエピソードや受賞作品、各審査員賞の作品について、どこが気になったのかなど審査講評を交えてお話いただきます。
 
 
 
※事前申し込み優先・当日受付あり
※イベント参加ご希望の方は
電話 / FAX(0242-62-3454)または
メール(otoiawase@hajimari-ac.com)にてお申し込み下さい。
  
メールの場合は以下の項目をご記入ください
1、お名前(よみがな)
2、メールアドレス
3、携帯電話番号(当日連絡先)
4、参加される方の人数(付添の方の人数)
 (お子様が参加される際は、年齢をご記入ください。)
 
※申し込み多数の場合、締め切らせていただく場合があります。
※申し込み時にご記入いただいた個人情報はイベント実施のために使用し、それ以外の目的で使用することはありません。
 



 
審査員

■日比野 克彦 ひびの かつひこ
 美術家・東京藝術大学美術学部長

1958年岐阜県生まれ。東京芸術大学大学院修了。大学在学中にダンボール作品で注目を浴び、国内外で個展・グループ展を多数開催する他、パブリックアート・舞台美術など、多岐にわたる分野で活動中。近年は2020年のオリンピックパラリンピック東京大会に向けたリーディングプロジェクト「TURN」の監修者を務める。
 
 
■川延 安直 かわのべ やすなお
 福島県立博物館 学芸課長

1961年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術学修士修了。岡山県立美術館を経て、現在福島県立博物館学芸課長。「福島芸術計画×ART SUPPORT TOHOKU-TOKYO」や「ライフミュージアムネットワーク」など、福島県内のさまざまな文化発信活動に携わっている。

■岡部 兼芳 おかべ たかよし
 社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館館長

1974年福島県生まれ。釧路公立大学卒。佛教大学通信課程(特別支援教育)修了。小規模作業所支援員、中学校教員を経て、2003年社会福祉法人安積愛育園入社。知的に障害のある利用者の表現活動をサポートする「unico(ウーニコ)」に携わる。2014年6月より現職。
 
 
==================
 
お問い合わせ:
社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館
住 所 :〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873
TEL/FAX:0242-62-3454(10:00-18:00 ※火曜休館)  
E - mail :otoiawase@hajimari-ac.com
 
主催:
福島県(委託先:社会福祉法人安積愛育園 )
 
http://kininaru-hyogen.info/