展覧会

帰ってきたDr.N|小沢 剛

2014年10月18日 - 2015年1月12日

この展覧会は終了しました

福島県猪苗代出身の細菌学者 野口英世。素晴らしい功績で知られる一方で、実は破天荒で人間的なエピソードに事欠かない側面もあった。現代美術家の小沢剛は、そんな野口の生涯を切り口に、彼が研究に向かった土地アフリカの看板職人とともに、フィクションを交えて物語を描いた。本展は2013年6月に横浜で行われた、第5回アフリカ開発会議にあわせ開催された企画展「帰ってきたDr.N」を、野口の出身地である猪苗代町での開催のために、作者・小沢自らの手でアレンジしたものである。本作は、過去と現代、史実と空想を行き来しながら、ガーナと日本、さらに福島の今について考えることへと誘う。

アーティスト
小沢 剛(おざわ つよし)
1965年生まれ。東京芸術大学在学中から、風景の中に自作の地蔵を建立し、写真に収める《地蔵建立》開始。93年から牛乳箱を用いた超小型移動式ギャラリー《なすび画廊》や《相談芸術》を開始。99年には日本美術史の名作を醤油でリメイクした《醤油画資料館》を制作。2001年より女性が野菜で出来た武器を持つポートレート写真のシリーズ《ベジタブル・ウェポン》を制作。2004年に個展「同時に答えろYesとNo!」(森美術館)、09年に個展「透明ランナーは走りつづける」(広島市現代美術館)を開催。

会期
2014年10月18日(土) - 2015年1月12日(月・祝)

開館時間
10:00 - 18:00

休館日
火曜日(火曜が祝日の場合は翌水曜休館)
※冬期休館12月29日(月)から1月2日(金)

観覧料
一般 500円
中高生・65歳以上 250円
小学生以下 無料
障がい者手帳をお持ちの方及び付き添いの方(1名まで)無料

主催
社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館

協力
国際交流基金
福島県立博物館

後援
福島県、福島県教育委員会、猪苗代町、猪苗代町教育委員会、公益財団法人野口英世記念会、猪苗代町商工会、猪苗代町観光協会、株式会社まちづくり猪苗代、猪苗代町体験交流協会、あさかホスピタルグループ(申請中含む)

Courtesy of Misa Shin Gallery