展覧会

えらぶん:のこすん:つなげるん

2018年7月28日 - 2018年10月21日

[企画展タイトル] えらぶん:のこすん:つなげるん

[日時]
 2018年7月28日(土)〜10月21日(日) 10:00-18:00
 ※火曜休館      
 ※8月10日(金)、8月17日(金)、8月18日(土)、8月24日(金)のみ、20:00まで開館

[会場]
 はじまりの美術館(〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873) 

[出展作家]
 乾 久子、大路 裕也、佐藤 悠、根本 将、ハーモニー、久松 知子、藤 浩志

[料金]
 一般500円、65歳以上250円、
  高校生以下・障がい者手帳をお持ちの方および付添いの方(1名まで)無料

[主催]
 社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館

[協力]
 いわき芸術文化交流館アリオス、unico、えずこホール(仙南芸術文化センター)、株式会社藤スタジオ、特定非営利活動法人やっとこ、halken LLP、社会福祉法人やまなみ会やまなみ工房

[後援]
 福島県、福島県教育委員会、猪苗代町、猪苗代町教育委員会、あさかホスピタルグループ

[助成]
 日本財団

[展覧会コンセプト]

美術館に展示されている作品。
これらは、テーマやサイズ、素材、色、形、タイトル、見せ方など、作者による様々な選択の過程を経て制作されています。さらに、学芸員やキュレーターによってその作品が選ばれ、皆さんの前に展示されます。

一方でわたしたちも生活の中で、日々、選ぶことを繰り返しています。例えばそれは「今日どんな服を着て過ごすか」「どのテレビ番組を見るか」「ランチに何をたべるか」などの小さな選択から、「どんな学校にいくか」「どんな仕事をするか」「誰と結婚するか」「どこに住むか」といった大きな選択まで、挙げればきりがないほどです。いま、この文章を読んでいるということも、どこかで目に留まり、「読んでみよう」ということを選んだ結果だ、とも言えます。

毎日、想像もできないぐらい多くの「えらぶ」が暮らしの中で行われています。ですが、そんな何気ない日々の選択の積み重ねで、わたしたちの文化や社会は作られているともいえるのではないでしょうか。

本展では、様々な選択を経て生まれた作品や、私たちに「えらぶ」ことを投げかける作品をご紹介します。本展が、選ぶことや残すことに思いを巡らせ、その次を考えるきっかけとなることを願います。


出展作家について

乾 久子 INUI Hisako

1958年静岡県出身・在住。美術家。東京学芸大学大学院修士課程修了。2008年、コミュニケーションをテーマとし社会と美術をつなげる作品として、くじびきドローイングワークショップを発案。
inui_hisako.jpeg
乾 久子《くじびきドローイング》2008〜


大路 裕也 OJI Hiroya

1987年三重県出身・在住。2009年から『やまなみ工房』に所属。常に周囲を意識し自分自身を演出している彼の自己アピールの一つに作品制作がある。緻密なドローイング作品を描く。
oji.JPG
大路 裕也《イス》2012

佐藤 悠 SATO Yu

1985年三重県出身・茨城県在住。東京芸術大学先端芸術表現科博士課程修了。主な活動に、1枚の紙に絵を描きながらその場にいる全員で即興で物語を作る「いちまいばなし」、他多数。
sato.png
佐藤 悠《いちまいばなし》 2011〜


根本 将 NEMOTO Masaru

1991年福島県福島市出身・二本松市在住。本宮市にある多機能支援センタービーボに通所しており、創作活動や、もぎとりの作業を行なっている。色を選び、何本も直線をひいた作品を描く。
nemoto_masaru.JPG
根本 将「制作風景」2018


ハーモニー HARMONY

東京都世田谷区にある就労継続支援B型事業所。利用者の体験をもとに製作した「幻聴妄想かるた」が反響を呼び、2011年に医学書院より出版。2018年に「超・幻聴妄想かるた」を自費出版。
harmony.jpg
ハーモニー《超・幻聴妄想かるた》2018


久松 知子 HISAMATSU Tomoko

1991年三重県出身・山形県在住。東北芸術工科大学大学院博士課程在学中。2015年 第7回絹谷幸二賞奨励賞、第18回岡本太郎現代芸術賞岡本敏子賞受賞。
hisamatsu.jpg
久松知子《思い出アルバムpainting》2017

藤 浩志  FUJI Hiroshi

1960年鹿児島生まれ。美術家。NPO法人プラスアーツ副理事長。十和田市現代美術館館長を経て秋田公立美術大学大学院複合芸術研究科・アーツ&ルーツ専攻教授・副学長。
fuji_hiroshi.png
藤浩志《ヌイグルミーズ/茶色の仔馬》2016


同時開催企画

「えらぶん:めぐるん:まちなか美術館 〜unicoたちが飛び出した!〜」

日時:9月1日(土)〜10月21日(日)

はじまりの美術館のご近所にあるお店の人たちが選んだunico(ウーニコ)の作品を各店舗などに展示します。
※unicoとは、社会福祉法人安積愛育園を利用されている方の創作プロジェクトです。


展覧会関連企画

①ギャラリートーク 〜みんなで一緒に作品を見よう!〜

 日時:7月28日(土)、8月18日(土)、9月22日(土)いずれも13:00-14:00
 参加費:無料(要観覧料)

美術館スタッフと一緒にみんなで「えらぶん展」を巡ろう!誰かと一緒に作品を見ると、新しい気づきがあるかもしれません。大人も子どもも大歓迎です。

②ばんかたミュージアム

 日時:8月10日(金)、8月17日(金)、8月18日(土)、8月24日(金) いずれも18:00-20:00 

 夏休み中の4日間限定で、20:00まで美術館を開館します。昼とはまた違った表情を見せる夜の美術館で「えらぶん展」をゆったりお楽しみください。

③佐藤悠のいちまいばなし

 日時:7月28(土)14:00-15:00
    10月20日(土)10:00-11:00 / 12:00-13:00 / 14:00-15:00
 アーティスト:佐藤悠     参加費:無料(予約不要)   

「いちまいばなし」とは、1枚の紙に絵を描きながら、その場にいる全員で即興で物語を作る遊びです。様々な人の想像をリレーしながらイメージが広がってゆくので、誰も予想できないような展開の物語ができていきます。上記の時間中、随時開催します。

④鈴木清孝の会津民話語り

 日時:8月18日(土)昼の部15:00-15:30  夜の部18:30-19:00 
 語り部:鈴木清孝(いなわしろ民話の会)   参加費:無料(予約不要)    

 猪苗代在住の語り部・鈴木清孝による民話語りを開催します。昼の部では「えらぶ・のこす」をテーマとした語り、夜の部ではこの時期ならではの「会津の怖い話」の民話語りを開催します。

⑤藤浩志のえらぶん:のこすん:つなげるん 

 日時:8月25日(土) 14:00-16:00
 ゲスト:藤浩志(美術家、秋田公立美術大学教授・副学長)  参加費:無料(要予約)  定員:30名

全国各地で多様な資源を用いた美術表現やアートプロジェクトを展開する藤浩志氏をお招きし、トークイベントを開催します。これまでの活動や、「えらぶことやのこすこと」について、そして「アーカイブ」についてのお話を伺います。

⑥ハーモニーの えらぶん:のこすん:つなげるん 〜超・幻聴妄想かるたトーク&ワークショップ〜

 日時:9月16日(日) 14:00-16:00
 ゲスト:新澤克憲(就労継続支援B型事業所ハーモニー 施設長)、ハーモニーメンバー
 参加費:無料(要予約)  定員:20名

東京都世田谷区にあるハーモニーの利用者の体験をもとに製作された「幻聴妄想かるた」。ハーモニーのみなさんをお招きし、日々の活動を伺ったり、かるた大会をしながらエピソードを伺ったりします。また、参加者のみなさんの体験をもとにかるたを作るワークショップも行います。


展覧会会期中開催予定のイベント

「オハラ☆ブレイク2018」 

 日時:8月3日(金)、8月4日(土)、8月5日(日)  会場: 猪苗代湖畔天神浜オートキャンプ場
 期間中、オハラ☆ブレイクのリストバンド提示で、はじまりの美術館観覧料100円引き。

「衣力 いりょく! 福島のコットン」

 日時:9月21日(金)〜10月8日(月) 10:00〜18:00  ※火曜休館
 会場:はじまりの美術館ohacoカフェ 主催:わ田や合同会社(コットンプロジェクト福島)
 福島の綿に携わる方々のパネルでの紹介と物販を行います。

「はじまるしぇ」

10月20日(土)10:00-15:00 

※要予約のイベントに参加ご希望の方は、はじまりの美術館までメール、電話またはFAXでお申し込みください。


お問い合わせ:社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館

〒969-3122
福島県耶麻郡猪苗代町新町4873 
[TEL/FAX] 0242-62-3454
[E-mail] otoiawase@hajimari-ac.com
[WEB] http://www.hajimari-ac.com/ 

アクセス:猪苗代駅より徒歩25 分、タクシーで5 分。猪苗代磐梯高原IC より車で一般道12 分。
駐車場は美術館西側に15 台。手打ちそば「しおや蔵」共用。