展覧会

あした と きのう の まんなかで

2019年4月6日 - 2019年7月7日

会期:2019年 4月 6日(土) ~ 2019年 7月 7日(日) 10:00〜18:00
   ※火曜休館、4月30日は開館、6月22日16:00閉館

会場:はじまりの美術館(福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)

料金:一般500円、65歳以上250円、
   高校生以下・障がい者手帳をお持ちの方および付添いの方(1名まで)無料

出展作家:クワクボリョウタ、国立療養所菊池恵楓園絵画クラブ金陽会、
     杉浦篤、鈴木のぞみ、瀬尾夏美、高橋和彦、谷川俊太郎、
     ハナムラチカヒロ

主催:社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館

協力:一般社団法人金陽会一般社団法人ヒューマンライツふくおか、
   一般社団法人ブリコラージュファウンデーション、
   大阪府立大学 花村研究室、大阪府立大学 緑地計画学研究室、
   社会福祉法人自立更生会 盛岡杉生園、
   社会福祉法人みぬま福祉会 工房集、rin art association

後援:福島県、福島県教育委員会、猪苗代町、猪苗代町教育委員会、
   あさかホスピタルグループ

助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団


あなたの目にうつる風景。

山、道路、人、田んぼ、家、草木、ねこ・・・
風景をつくるものは、さまざまです。
そして、それらの多くは、人の暮らしによって作られ、時の流れとともに変化しています。
つまり風景は、その地で生きる人々の暮らしの蓄積そのものとも言えるでしょう。
つみかさなった、人々の暮らしの痕跡に囲まれて、
わたしたちは「いま」を生きているのではないでしょうか。
 
そして、わたしも、あなたも、赤ん坊も、おじいさんおばあさんも、障がいのある方も、
すべての人々が、日々の生活のなかで、新しい痕跡をつくっています。すべての人々が、新しい風景をつくっているのです。
 
また、みんなで同じ場所に立ち、同じものを見ても、
きっと、感じること、想うことは人それぞれ違うでしょう。
 
あなたの目にうつる風景は、あなたがそれまでに出会い、感じ、得てきたものが反映された、あなたにしか見ることのできない風景なのではないでしょうか。
 
本展覧会では、風景にかかわる表現をする8組の作家を紹介します。
それぞれの作家の目には、どのように風景がうつっているのでしょうか。
 
風景にかかわる表現との出会いを通して、
「いま」を、そして「あした」をどう暮らしていくかを考えるきっかけになることを願います。


出展作家

 

クワクボリョウタ
1.Kr_s.jpeg
《LOST#16》2017
撮影:小牧寿里  提供:札幌国際芸術祭実行委員会

国立療養所菊池恵楓園絵画クラブ金陽会
2.Kk_s.jpeg
吉山安彦(金陽会)《桜》2006

杉浦篤
3_s.Sa.jpg
《Untitled》1997 


鈴木のぞみ
4.Sn_s.jpg
《Other Days, Other Eyes:長谷川邸洋間の窓》2018
撮影:平林岳志(grasshopper)

瀬尾夏美
5.Sn_s.jpeg
《地底に咲く》2015

高橋和彦
6.Tk_s.jpeg
《昔の町並》2008
撮影:バシフォト/板橋充

谷川俊太郎
7.Ts_s.jpg
撮影:深堀瑞穂

ハナムラチカヒロ
8.Hc_s.jpeg
《Translucent Fukushima/半透明の福島》2019 イメージスケッチ


展覧会関連企画

◯ギャラリートーク ~みんなで一緒に展示室をめぐろう!~

日 時:2019 年4 月6 日(土)、5 月4 日(土)、6 月29 日(土)いずれも13:30~14:30
参加費:無料(要展覧会観覧料)

美術館スタッフと一緒にみんなで「まんなか展」をめぐろう!誰かと一緒に作品を見ると、新しい気づきがあるかもしれません。

◯ワークショップ「一瞬のヒント」

日 時:2019 年4 月6 日(土)~4 月30 日(火・祝) ※開館中随時参加可・先着順
会 場:はじまりの美術館から徒歩圏内
参加費: 300 円
企画・制作:バーバリアン・ブックス

"使い捨てカメラ"を数台用意しておきます。好きなカメラをひとつ選んだら美術館の外へ出てみましょう。街の中を歩きながら、あなたが「記憶したい」と感じた瞬間を3 枚写真に撮って来てください。皆さんが撮った写真は後日ZINE(小冊子)になって皆さんの手元に届きます。タイムカプセルを開けるようなドキドキ感を楽しんでみませんか。

※カメラの撮影枚数が終わり次第終了します。参加希望の方はお早めに!

◯みんなで遠足!~この地を ふみしめる~(全3 回)

はじまりの美術館がある猪苗代・北塩原エリアの歴史に詳しい地元案内人と一緒に、この地を歩きます。知れば知るほど奥深い、この地の風景の成り立ち。大人も子どもも大歓迎です!

 <まち編>はじまりの美術館周辺をふみしめる

日 時:2019 年5 月3 日(金・祝) 13:00-15:00[要予約]
案内人:新明 哲也(新明家具)、鈴木 清孝(寄り合いメンバー)
集合場所:はじまりの美術館
定 員:15 名
参加費:500 円(企画展観覧料含む)・高校生以下無料

まちの歴史に詳しい案内人と一緒に、明治~昭和時代の昔の地図を見ながら、はじまりの美術館周辺をめぐります。地図と今のまちを比べると新しい発見があるかもしれません!

 <ふもと編>土津神社周辺をふみしめる

日 時:2019 年5 月12 日(日) 13:00-15:00[要予約]
案内人:宮澤 重嗣(土津神社 禰宜)
定 員:15 名
集合場所:土津神社 白大鳥居の下
参加費:500 円(企画展観覧料含む)・高校生以下無料

土津神社の禰宜さんと一緒に、土津神社・バテレン塚をめぐります。土津神社の鳥居はなぜ白いの? 猪苗代の隠れキリシタン文化って?この地に根付いた信仰の歴史を紐解きます!

 <やま編>磐梯山・五色沼をふみしめる

日 時:2019 年7月6日(土) 13:00-15:00[要予約]
案内人:佐藤 公(磐梯山噴火記念館 館長)
定 員:15 名
集合場所:磐梯山噴火記念館(福島県耶麻郡北塩原村桧原字剣ヶ峯1093-36)
参加費:500 円(はじまりの美術館 企画展観覧料含む)・高校生以下無料

磐梯山噴火記念館の館長さんと一緒に、五色沼周辺をめぐります。五色沼ってどうやってできたの? 磐梯山噴火の歴史を学びながら、大自然の中を歩きます!

◯大きな花の顔出し看板で写真を撮ったり、好きに塗ったチョウチョを貼ったりできるコーナー

日 時:2019 年6 月9 日(日)10:00~16:00
アーティスト:コーチはじめ
参加費:無料
会 場:はじまりの美術館 カフェスペース

イラストレーターのコーチはじめさんと一緒に、大きな花の顔出し看板で写真を撮ったり、自由に色を塗ったチョウチョを貼ったりできます!子どもも大人も、みんな集まれ~!

◯「二重のまち/交代地のうたを編む」上映会&トークイベント

日 時:2019 年6 月22 日(土) 17:00~20:00[要予約]
ゲスト:小森はるか(映像作家)、瀬尾夏美(画家、作家)
定 員:30 名
会 場:はじまりの美術館
参加費:1500 円(企画展観覧料含む)

東日本大震災後、東京から陸前高田に移住し活動してきた小森はるか+瀬尾夏美の新作映像「二重のまち/交代地のうたを編む」の上映会です。当日はお二人をお招きし、上映後にこの映像を制作した背景、8年たった現在の想いなどお話いただきます。

 
※要予約のイベントご参加ご希望の方は、はじまりの美術館までメール、電話またはFAXでお申し込み下さい。


展覧会会期中開催イベント

◯AIZU COFFEE TIME! 2019

日 時:2019 年5 月26 日(日) 10:00-16:00
会 場:はじまりの美術館 西側駐車場
主 催:AIZU COFFEE TIME!実行委員会
H P :https://aizucoffeetime.localinfo.jp/

◯はじまるしぇ~開館記念GoGo5周年!~

日 時:2019 年6 月9 日(日) 10:00-16:00
会 場:はじまりの美術館 西側駐車場
主 催:社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館


開館5周年! 観覧無料デー

はじまりの美術館は、2019年6月1日に開館5周年を迎えます。みなさまへの感謝の気持ちを込めて、6月1日は観覧無料といたします。

 


アクセス:
猪苗代駅より徒歩25 分、タクシーで5 分。猪苗代磐梯高原IC より車で一般道12 分。
駐車場は美術館西側に15 台。手打ちそば「しおや蔵」共用。


お問い合わせ:
はじまりの美術館
〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873 
[TEL/FAX] 0242-62-3454
[E-mail] otoiawase@hajimari-ac.com
[WEB] http://www.hajimari-ac.com/