お知らせ

2019.11.30

【お知らせ】第3回福島県障がい者芸術作品展 「きになる⇆ひょうげん 2019」審査結果発表

第3回福島県障がい者芸術作品展 「きになる⇆ひょうげん 2019」の
審査結果を発表いたします。


 
★福島県知事賞★

IMG_8088.JPG

「おもいで本」 
深谷 美加子(ふかや みかこ)
41歳(郡山市)

 

【評価コメント】

漫画雑誌のページの間に、深谷さんが気になったいろんなものが挟まっている。新聞のチラシやカード、シールを使った後だったり、いろんな紙が挟まって、この状態になっている。実がパンパンに膨らんではちきれそうで、ここからいろんな胞子なんかが飛んでいきそうな、そんなエネルギー・迫力にあふれた造形。深谷さんは、これを日頃持って歩いている。最初からなにかを作ろうと思ってはおらず、なにか気になったものの集積が結果的にこの形になっているのではないか。意図していたらこうはできないんじゃないかと思える、本展ならではの作品。

 

 
★きになる⇆ひょうげん賞★ 

IMG_8060.JPG 

「踏まれてもVサイン」「すだれVSエアコン」 
芳賀 喜善(はが きよし)
45歳(会津若松市)

 

 

【評価コメント】

今回は写真2点を連作として選出した。まず「すだれvsエアコン」は、すだれとエアコンの室外機を、抽象絵画のように風景を切り取った1枚の写真。タイトルが表す通り、このすだれとエアコンの室外機が、夏の暑さに対して、それぞれ自然の力と人間の力で抗う戦いのような。色んなものを連想させる作品になっている。「踏まれてもVサイン」は、道路に落ちている軍手が、ペチャンコになって、ちょうど指の形がVサインになっている。持ち主知らずのものが道路に落ちていて、それが何かを訴えるかのように、勝利を宣言しているという。この2点の作品はどこにでもありそうな日常の風景だが、日常の中で作者の芳賀さんが気になったそのときの心境が、きっとシャッターを押させたんだと思う。

 

★審査員賞・日比野克彦賞★

IMG_8057.JPG

「リズム」 ※映像作品
塩谷 聡子(しおや さとこ)
44歳(郡山市)  

 

【評価コメント】 

本作は、塩谷さんが繰り返しおこなっているこのリズムを、スタッフが撮影して応募したものである。当然彼女が主役で表現をしているが、それを観客であるスタッフが気になったことで今回応募したのだと思う。表現というのは、表現者と、受け手である鑑賞者というものがいて、はじめて成立する。これを見るとそのことが分かるし、こういう状況は施設のなかではよく出会う場だと思う。同じ時間、同じ場所で、よく行う癖や動作。そういうのがダンスに見えたり、演劇に見えたり、なにか表現しているような身体表現に見えたりする。周りにいる人の見方次第ではいろんな表現になるという、そんなことを考えさせられる作品。

 
★審査員賞・川延安直賞★

IMG_8049.JPG

「象」 村上 駿仁(むらかみ はやと)14歳(田村郡小野町) 
「命」 村上 茉奈美(むらかみ まなみ)13歳(田村郡小野町) 
「風神雷神」 村上 麻莉奈(むらかみ まりな)11歳(田村郡小野町)

 

【評価コメント】 

本展は書の出品も多い。 書の良し悪しの評価は難しい。 意味の伝達が文字の最大の役割だが、漢字は起源が象形文字であることもあり、書く際に造形的関心が強く働く。意味と造形、書く者の想いがどう溶け合っているか、そこが書の醍醐味である。 あらためて書の良し悪しは難しい。 筆法の巧拙はさておき、障害の有無を読み取ることも難しい。 だが、言い換えれば文字の魅力のみを作品審査の基準とすれば良いということ。 村上駿仁さん、茉奈美さん、麻莉奈さんたちの作品は3点1組として評価した。各作品それぞれ魅力的だが、違うタイプの3点が揃うと一層輝く。 プロかと思わせる勢いの「風神雷神」「象」、正直で真っ直ぐな「命」。 素直に心ひかれる作品でした。

 
★審査員賞・岡部兼芳賞★

IMG_8076.JPG

「気になる かんばん・けいじばん」
KO☆(こうせい)
10歳(南会津町) 

 

【評価コメント】

本作は、看板がびっしり立て込んである作品である。KO☆さんは去年も作品を応募され、そのときはスケッチブックに、KO☆さんが車のなかから見た風景がたくさん描かれていた。そのスケッチブックがたくさんあったなかに、本作にも似た雰囲気を感じるものがあった。今年は、そのなかでも看板だけが抜き出されていて、なんでこんな風に貼ったんだろうと気になった。お母さんのコメントにも、このきになる⇆ひょうげん展が、KO☆さんの目標になっているという言葉もあり、お母さんとも一緒に考えながら作ったりしたのだろうかと、2人の関係も見えてくるような作品。見れば見るほどいろんなことが気になる作品である。

 

 

入賞者は以上となります。


 

特選

特選の作品は以下になります。 ※順不同・敬称略

 

・「丘車〜雪の上でもRCが好き〜(Half Clear Version)」 近内 冲尋(こんない おきひろ)36歳(郡山市)
・「近所の人」 フジオ(ふじお)70歳(郡山市)
・「ボンボン」 のぞみ号(のぞみごう)(郡山市)
・「大好きな・・・」 薄田 真平(うすだ しんぺい)11歳(猪苗代町)
・「こたつでみかん」 本田 正(ほんだ ただし)40歳(須賀川市)
・「自分の病気の世界を絵と文字にしました」 大友 義之(おおとも よしゆき)49歳(郡山市)
・「無題」 KEIJI(けいじ)26歳(郡山市)
・「無題」 江田 祐子(えだ ゆうこ)31歳(郡山市)
・「海底を漂うコブダイ」 森 陽香(もり はるか)31歳(郡山市)
・「東京タワー」 赤埴 地洋(あかはに ちひろ)15歳(猪苗代町)
・「にじ」 喜多見 結愛(きたみ ゆあ)16歳(猪苗代町)
・「恐竜図かん」 佐藤 柊也(さとう しゅうや)15歳(猪苗代町)
・「自転車」 長谷川 恒(はせがわ わたる)26歳(いわき市)
・「竹添さん」 鈴木 和子(すずき かずこ)51歳(石川町)
・「飲みたかった」 生田目 幸作(なまため こうさく)73歳(石川町)
・「秋の森人」 正木 柚衣(まさき ゆい)23歳(いわき市)
・「大好きなネギ」 羽根田 晃(はねだ あきら)45歳(福島市)
・「だいすきなロボット〜あつまれ12このロボット〜」 小野 広夢(おの ひろむ)10歳(福島市)
・「あらしをよぶはなよめ」 大内 聖惺(おおうち まさと)11歳(本宮市)

 




入選者は下記をご覧ください。

きになる展2019入選者一覧_omote.png

きになる展2019入選者一覧_ura.png