メニュー

イベント

オープニングトークイベント「表現のまわりに目を向ける」[オンライン開催]

オープニングトークイベント「表現のまわりに目を向ける」[オンライン開催]

2020年11月21日(土)17:00〜19:00

このイベントは終了しました

ゲスト:坂野健一郎(新潟県アール・ブリュット・サポート・センターNASC)、武田和恵(やまがたアートサポートセンターら・ら・ら)
進行:小林竜也(はじまりの美術館)
参加費:無料(事前申し込み不要)
配信URL:https://youtu.be/FHDUMUE6iK4
主催:福島県

新潟県、山形県、福島県の3県は連携して障がいのある方の芸術活動の推進を行なっています。各県それぞれ視点の異なる公募展を開催しており、それぞれの話から障がいのある方の表現について考えていきたいと思います。


こちらのイベントは、オンラインでのみ開催いたします。

配信はこちらのURLより行う予定です。参加申し込み等は不要です。


登壇者紹介:

画像1


■坂野健一郎(新潟県アール・ブリュット・サポート・センターNASC)

所属:社会福祉法人みんなでいきる
役職:東海・北陸ブロック障害者芸術文化活動広域支援センター センター長、新潟県アール・ブリュット・サポート・センターNASC センター長、法人本部企画課長
1982年11月20日生まれ
新潟県佐渡市出身
新潟県立佐渡高等学校 → 國學院大學 → 国際・こども福祉カレッジ

【職歴】
2006年に社会福祉法人新潟県社会福祉協議会に入職。主に地域福祉部門に配属され、ボランティア活動の推進や市町村社協との協働事業、生活困窮者自立支援事業などを担当する。2017年1月に社会福祉法人みんなでいきるに入職。2017年6月より現職。

画像2


■武田和恵(やまがたアートサポートセンターら・ら・ら)

1977年山形県山形市生まれ。天童市在住。1999年、東北芸術工科大学デザイン工学部情報デザイン学科卒業。学生の頃、奈良県のたんぽぽの家にボランティアに行き、障害のある人のアートに触れ、「障害のある人に関わりたい!」という一心で山形市の福祉施設で働き始める。2012年から、一般財団法人たんぽぽの家、NPO法人エイブル・アート・ジャパンの東日本復興支援プロジェクト東北事務局として障害のある人の仕事づくり、芸術活動支援事業に携わる。その時に中間支援やコーディネートの重要性を実感。2018年から、やまがたアートサポートセンターら・ら・らコーディネーターとして従事。


本事業に関するお問い合わせ:
社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館 
〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873
TEL/FAX:0242-62-3454
E-mail:otoiawase@hajimari-ac.com

きになる⇆ひょうげん公式ホームページ
http://kininaru-hyogen.info/