メニュー

イベント

ワークショップ「ぺたぺた・もにょもにょ(はじまりの美術館ver.)」

ワークショップ「ぺたぺた・もにょもにょ(はじまりの美術館ver.)」

2022年6月19日(日)10:00〜12:00

このイベントは終了しました

(時間内であればいつでも参加OK)

対象|年齢問わずどなたでも参加できます

講師|秋田公立美術大学 粘菌研究クラブ(後藤那月、山田汐音、船山哲郎、唐澤太輔)

会場|はじまりの美術館展示室2(福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)

参加費|無料持ち物|不要


粘菌(変形菌、真正粘菌)という生物をご存知ですか。アメーバのように広がり餌を捕食したり、きのこのような形になって胞子を飛ばしたりする不思議な生き物です。アメーバ状の時期を変形体と言い、きのこ状の時期を子実体と言います。本ワークショップでは、変形体になりきりながら、カラフルな樹脂粘土を窓ガラスにひたすら貼っていきます。変形体の動きはとてもゆっくりです。しかし、餌まで最も効率よく最短距離でたどり着くことができます。その動きと形はとても魅惑的です。大勢で変形体を模した樹脂粘土を貼り繋げていくと……ガラス窓にはどのような形が現れるでしょうか。みんなで一緒に、ぺたぺた・もにょもにょしてみませんか。

2022年6月17日現在の「ぺたぺた・もにょもにょ」

粘菌の変形体

シロウツボホコリの子実体



・秋田公立美術大学 粘菌研究クラブについて

2020年5月発足。自然豊かな秋田を拠点としながら、粘菌(変形菌、真正粘菌)という動物、植物、菌類どれにも所属しない不思議な生物を採集・観察し、新しい表現の方法を模索している。学年や教職員の壁を超えて、また芸術・生物学・哲学などの分野を横断しながら日々研究と制作を続けている。常に遊び心を持ちながらも真剣に、粘菌の魅力と可能性を、アートを通じて発信することを目指している。

https://www.facebook.com/nenkin.art