メニュー

展覧会

あいまいな あわいの まにまに

2023年4月22日 - 2023年7月9日

この展覧会は終了しました

開館時間:10:00~18:00 
※火曜休館、5月2日(火)は開館

会場:はじまりの美術館(福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)

料金:一般500円、65歳以上250円、高校生以下・障がい者手帳をお持ちの方および付添いの方(1名まで)無料

出展作家:青野文昭、國久真有、砂連尾理+山形ビエンナーレ2022「まちのおくゆき」、時吉あきな、西野克、林勇気、与那覇俊

主催:社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館

協力:アートキャンプ2001実行委員会、社会福祉法人みぬま福祉会、艸居、東北芸術工科大学、halken LLP、やまがたアートサポートセンターら・ら・ら

後援:福島県、福島県教育委員会、猪苗代町、猪苗代町教育委員会、あさかホスピタルグループ



「あいまいな あわいの まにまに」

このタイトルを聞いて、どんなイメージが浮かぶでしょうか。

「あいまい」という言葉には不確かさを感じるかもしれません。「あわい」という言葉はかすむような「淡い」であったり、「物と物の間」という意味もあります。そして、「まにまに」も「間に間に」と、間をあらわしそうです。

本展は「境界」をテーマに、その間にあるものを皆さんと考えていきたいと思っています。わかる/わからない、正しい/正しくない、支援する/される、大人/子ども、性別、あなたとわたしなど。世の中にはさまざまな境界がありますが、実はその境界はだれかが作ったものであったりします。実際はその境界のまわりにはさまざまなグラデーションがあり、単純に線が引けないものがたくさんあるのではないでしょうか?

そのグラデーションを本展では「あいまいな あわい」とし、その間にあるものを見た方が考えることができるような作家をご紹介します。境界を揺さぶるような作品を通して、自分のなかにあるさまざまな境界を見つめ直す機会になればと思います。たくさんの方が「あいまいな あわい」を意識し、それをさらに受け入れることで、さまざまな人が生きやすい社会につながっていくことを願います。


出展作家

青野文昭《人のおもかげ―いろいろな靴より》2018〜2019年

國久真有《WIT-WIT DARK LIGHTS》2015年
撮影:M.Sato@october studios

砂連尾理+山形ビエンナーレ2022「まちのおくゆき」
ダンスパフォーマンス「さわる/ふれる〜ここにいない人と踊るためのエチュード〜」2022年
撮影:三浦晴子

時吉あきな《走るパグ》2021年
撮影:木村華子

西野 克《untitled》2015〜2019年

林 勇気《the outline of everything》2010年

与那覇 俊《女のことチブルガンバル》2017年
撮影:アートキャンプ2001実行委員会


関連イベント

■ギャラリートーク 
日時:2023年4月22日(土)、5月14日(日)、6月11日(日)いずれも 14:00〜14:30
参加費:無料(要観覧料) 
美術館スタッフと一緒にみんなで「まにまに展」を巡ります。企画担当の解説を聞きながら、じっくり作品を見つつ、作品や企画について一緒に考えましょう。

■寄り合い
日時:2023年4月22日(土)、5月14日(日)、6月11日(日)いずれも 15:00〜16:00
参加費:無料
はじまりの美術館で開館前から実施してきた「寄り合い」。はじめての方も久しぶりの方も集まってお話しませんか。誰かと出会ったり、なにか一緒に作業したり、ここからプロジェクトが生まれるかもしれません。

■映画『エチュード』上映会&車座トーク
日時:2023年6月3日(土)17:00〜19:30 (映画本編80分)
参加費:1,000円(観覧料込)
定員:20名(要予約)
ゲスト:福原悠介(本作監督)、砂連尾 理(振付家・ダンサー)、 武田和恵(やまがたアートサポートセンターら・ら・ら)

山形ビエンナーレ2022「まちのおくゆき」プロジェクトで実施した市民参加型ダンスワークショップ「さわる/ふれる」の記録映画の上映会を開催します。障がいのある人、ダンス未経験者、分身ロボットらがともに関わりながらダンスを生み出していく時間をとらえたサイレント映画です。上映後は音のない映画を観た体験について、みんなで対話します。

■砂連尾 理ワークショップ「さわる/ふれるをかんじる」
日時:2023年6月4日(日) 13:00〜15:00
講師:砂連尾 理(振付家・ダンサー)
参加費:500円(観覧料込)
定員:15名(要予約)
山形ビエンナーレ2022「まちのおくゆき」プロジェクトで実施された市民参加型ダンスワークショップ「さわる/ふれる」の演出家である砂連尾 理さんとのワークショップです。舞台活動だけでなく、高齢者や障がいのある方と共にさまざまなダンス作品を手がけてきた砂連尾 理さんと一緒にからだを動かし対話します。

■時吉あきなワークショップ「ハム☆スター はじまりの美術館で〇〇中!?」
日時:2023年6月 24 日(土) 13:00〜17:00
講師:時吉あきな(美術家・本展出展作家)
参加費:3,000円
定員:6名(要予約) ※小学5年生以下の方は保護者の方とご参加ください

出展作家である時吉あきなさんを講師に迎え実施するワークショップです。時吉さんの制作手法でハムスターを制作し、ハムスターの目線を借りて写真を撮影します。見なれたはずのいつもの景色が、ちょっと違って見えるかもしれません。

【要予約のイベントへの参加申し込み方法】

参加ご希望の方は 電話(0242-62-3454)または メール(otoiawase@hajimari-ac.com)にてお申し込み下さい。メールの場合は、件名に参加希望のイベント名をご記入のうえ、以下の項目をご記入ください。

1、お名前(よみがな)
2、メールアドレス
3、携帯電話番号(当日連絡先)
4、参加される方の人数(お子様が参加される際は、年齢をご記入ください。)

※定員になり次第、締め切らせていただきます。
※はじまりの美術館からの返信をもって受付とさせていただきます。1週間以上返信がない場合は、お電話等でお問い合わせいただけますと幸いです。※当日会場でのお申込みは、定員に余裕がある場合に限り、承ります。
※申し込み時にご記入いただいた個人情報はイベント実施のために使用し、それ以外の目的で使用することはありません。


期間中開催予定のイベント

■開館9周年記念! ちいさな“はじまるしぇ” &猪苗代町民無料デー

日時:2023年6月 17日(土)、18日(日) 10:00〜15:00
開館9周年を祝って、2日間ちいさなマルシェを開催します。
猪苗代町民の方は両日とも無料で企画展をご覧いただけます。


会場・お問い合わせ:はじまりの美術館

〒969-3122
福島県耶麻郡猪苗代町新町4873 

[TEL] 0242-62-3454
[FAX] 0242-23-8185
[E-mail] otoiawase@hajimari-ac.com
[WEB] http://www.hajimari-ac.com/


アクセス:
猪苗代駅より徒歩25分、タクシーで5分。
猪苗代磐梯高原IC より車で一般道12分。
バスの方は、JR猪苗代駅バス乗り場より、裏磐梯方面行きまたは中ノ沢方面行きの磐梯東都バスに乗車→「バスセンター」下車(徒歩3分)。
駐車場は美術館西側に15台。手打ちそば「しおや蔵」共用。

※はじめてはじまりの美術館にお越しの方は、こちらのページもご覧ください。
【はじめてご来館いただく方へ】はじまりの美術館駐車場について