メニュー

展覧会

unico file vol.4 わたしがつくる 森陽香美術館

2023年2月4日 - 2023年4月2日

※火曜休館、3月21日は祝日のため開館

開館時間:10:00〜18:00

会場:はじまりの美術館(〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)

観覧料:一般500円、65歳以上250円、高校生以下・障がい者手帳をお持ちの方および付添いの方(1名まで)無料

出展作家:森 陽香

主催:社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館、unico
後援:福島県、福島県教育委員会、猪苗代町、猪苗代町教育委員会、あさかホスピタルグループ、鏡石町、鏡石町教育委員会、鏡石町社会福祉協議会(申請中含む)
令和4年度福島県障がい者芸術文化活動支援センター事業 


 

社会福祉法人安積愛育園で取り組む創作活動プロジェクト「ウーニコ」。たくさんの表現者がいるウーニコの中で、近年とりわけ輝きを放っているのが、今回ご紹介する森陽香(もりはるか)さんです。

森さんは脳性麻痺のため手足にこわばりがあり、移動や外出の際には車椅子を使用します。絵を描くのは主に右足です。

森さんは、作家として活動を続けていくこと、そして沢山の人に作品を知ってもらえることを願っています。そのようにして活動を続けていった先に、どんな景色が見えたらいいかと考えた時、その一つに森さん個人の名前を冠した美術館が思い浮かびました。それが「森陽香美術館」です。

今回のタイトルは「わたしがつくる 森陽香美術館」です。「わたしがつくる」と聞いて、「わたし」にはだれが思い浮かぶでしょう?

「森陽香美術館なんだから、森さん本人でしょう」

「美術館だから、専門のスタッフかな」

「建物だったら、建築の人だよね」

「そもそも森陽香美術館に行ってみたいと思う人がいないとできないよね」

いろいろな見方があるかと思いますが、これらはどれも正解です。

森陽香という「わたし」と、それを取り巻くたくさんの「わたし」が関わり合い、思いを重ねていくことで、この美術館は実現します。あなたもぜひその一人になって、この景色を実現しませんか。

本展が、この世界にただ一人の「わたし」に届き、たくさんの「わたし」へと想像が広がることを願います。



森 陽香 MORI Haruka

1988年福島県鏡石町出身・在住。主な受賞歴に、第2回 産経はばたけアート・フェスタ2008 優秀賞(大阪市立美術館館長、篠雅廣氏選)、第4回福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2020」日比野克彦賞、第8回Art to You!東北障がい者芸術全国公募展 福島県知事賞など。主な出展歴に、「アール・ブリュット ジャポネⅡ」(パリ市立アル・サン・ピエール美術館/フランス/2018-2019)他多数。2022年に『d design travel 福島』表紙に作品採用。

のびやかに画面からはみ出す生き物たち。森の制作は、週4日通う事業所・パッソで行われている。描かれるモチーフには動物や魚、虫などの生き物が多くみられる。大胆な筆跡の躍動と、生き物たちの愛嬌あふれる表情とがあいまって、作品には不思議な生命力が宿り、今にも動き出しそうである。


森陽香《風神雷神》2022年
※こちらの作品は「Art to You ! 東北障がい者芸術全国公募展 仙台巡回展」に展示されるため2023年2月20日~26日の期間はご覧いただけません。ご注意ください。

森陽香《赤べこ》2020年


森陽香《きりん》2008年

森陽香《Beautiful Days》2009年

森陽香《カラフルいもむし》2009年頃

森陽香《麒麟》2021年



関連イベント


■ギャラリートーク!
日時:2023年2月4日(土)、3月4日(土)、4月1日(土) いずれも14:00〜14:30
会場:はじまりの美術館(福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)
定員:5名程度 
参加費:無料(要観覧料) 
※事前申し込み不要   

会期中、森陽香さんと企画担当者が一緒に会場を巡ります。日々の制作のことや作品がうまれる背景などを語ります。

※新型コロナウイルス感染症拡大状況や作者の体調等により、イベントが中止・変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。


■陽香さんの公開制作!
日時:2023年2月4日(土)11:00〜12:00
会場:はじまりの美術館(福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)

会期初日に、森陽香さんの公開制作を行います。森さんがどのように絵を描いているのか、ぜひご覧ください。


■陽香さんとライブドローイング!
日時:2023年2月4日(土)~4月2日(日)
会場:はじまりの美術館(福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)
参加費:無料(要観覧料) ※開館中随時開催

森さんが描いた作品に重ねる形で、会期中、ご来場のみなさんにも森さんのスタイルで作品制作に参加できます。
作品の変化ははじまりの美術館twitterやInstagramで随時お知らせします。


■春香る会津 美術館で民話がたり
日時:2023年 3月 18日(土)14:00〜14:30
会場:はじまりの美術館 ohaco cafe(福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)
参加費:無料 ※事前予約不要

いなわしろ民話の会・鈴木清孝(すずき きよたか)さんによる語りをみんなで聞きましょう!会津の春の民話や、森さんの作品のモチーフに関係する民話も語られます。


■森陽香POP UP SHOP!
はじまりの美術館内ショップにて、森陽香さんの作品がデザインされた、オリジナルグッズを販売します。


会場・お問い合わせ:はじまりの美術館

〒969-3122
福島県耶麻郡猪苗代町新町4873 

[TEL] 0242-62-3454
[FAX]0242-23-8185
[E-mail] otoiawase@hajimari-ac.com
[WEB] http://www.hajimari-ac.com/


アクセス:
猪苗代駅より徒歩25 分、タクシーで5 分。猪苗代磐梯高原IC より車で一般道12 分。バスの方は、JR猪苗代駅バス乗り場より、裏磐梯方面行きまたは中ノ沢方面行きの磐梯東都バスに乗車→「バスセンター」下車(徒歩3分)。
駐車場は美術館西側に15 台。手打ちそば「しおや蔵」共用。

※冬季ははじまりの美術館東側通路が通行できないためご注意ください。

※はじめてはじまりの美術館にお越しの方は、こちらのページもご覧ください。
【はじめてご来館いただく方へ】はじまりの美術館駐車場について